Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

Table of Contents
2015年10月のリリースには以下の新機能が含まれています。お客様のご契約により、制限やオプションの契約が必要なものがあります。詳細は担当の営業にお問い合わせください。
excludeCaution

2015年秋のリリースには以下の新機能が含まれています。お客様のご契約により、制限やオプションの契約が必要なものがあります。詳細は担当の営業にお問い合わせください。

スマートリストの配信登録

スマートリストの配信登録機能を使うと、マーケターがスマートリストをエクスポートしてMarketoを使用していない関係者(例えば、営業担当者やテレマーケティングのチーム)にメールで送信することができます。

エクスポートの頻度は、日次、週次、月次から選択することができ、終了日を指定することもできます。また、エクスポートする列を制限するようにカスタマイズすることも可能です。

一つのスマートリストに対して、複数の配信登録を作成することが可能です。Marketoインスタンス毎に、ワークスペースをまたいで、1つの配信登録に対して、100個の配信登録まで作成でき、1つの配信登録あたり10万件のリードまで含むことができます。

There is limitation of 100 subscriptions with 100K leads per subscription, across workspaces, per Marketo instance. 

1つのスマートリストに対して複数の配信登録を作成することが可能です。また、1つのMarketoインスタンスに対して(ワークスペースをまたいで)配信登録を最大100個まで作成でき、1つの配信登録あたり10万件のリードを含むことができます。

Marketo カスタムオブジェクト

Easily create custom objects from the admin UI. We currently support the ability to create a 1:N custom object in Marketo and connect it to a lead or company. Note: Marketo Custom Objects are not available for Spark.セクションからカスタムオブジェクトを簡単に作成できるようになりました。1:N 対応のカスタムオブジェクトの作成でき、リードもしくは企業オブジェクトに紐付けすることができます。

Marketo caution

Marketo カスタムオブジェクトは Spark エディションではご利用になれません。

Marketo Sales Insights Google Chrome拡張機能

We’re excited to announce the release of an update to our Google Mail Sales Insight extension! View it in the Chrome Store.

This update includes many new features and functionality:

...

Gmail 用 Sales Insight 拡張機能のアップデートをリリースしました。詳細はChrome Store にアクセスしてください。

今回のアップデートでは、以下の多くの新機能が含まれています。

  • エンゲージメントを行う前に、営業担当者が見込み顧客に関する情報、例えば役職、Twitterのプロフィール情報、企業情報、写真等を Gmail の画面内から直接確認することができます
  • 営業担当者は、見込み顧客がどのコンテンツ(例えば、開封されたメールやリンクをクリックされたメール、参加したオンラインイベントや展示会、訪問されたウェブページやダウンロードされた資料等)に対して深く興味を持っているか(エンゲージメントしているか)をチャネルを横断してリアルタイムで確認することができます
  • Gmail 経由で送信されたメールはMarketo 内に履歴が保存されてリアルタイムで追跡されます。これにより、営業担当者は見込み顧客がいつメールを見ているかを把握することができるので、適切なタイミングで彼らに対してフォローアップを行うことができます。またマーケティングチームが作成した見栄えのいい招待メールやオファーメール、その他のコンテンツを、営業担当者が簡単にテンプレートとして活用することもできます


Marketo モバイルエンゲージメント —

...

Easily personalize push notifications with tokens.

Image Removed

...

トークンサンプルプッシュ通知の送信プレビュー

トークンを使って、プッシュ通知を簡単にパーソナライズすることができるようになります。

Image Added

また、実際に運用する前に、プレビューサンプルのプッシュ通知を送信することもできるようになりました。

Marketo Moments モバイルアプリでのスマートキャンペーン対応

Stats on Emails sent through Smart Campaigns are now available in Moments. Other features in this upgrade include:

...

Moments モバイルアプリにて、スマートキャンペーンで配信されたメールの統計情報を確認することができるようになりました。また、その他にも以下の様な機能も含まれています。

  • ストリーム内に大量のカードがあるときには、不要なカードをスワイプして完了させることができます
  • プレビュー画面から直接サンプルを送信することが可能になりました
  • メールプログラムのカードにスマートリストの詳細情報が追加されました
  • メールプログラムで中止のステータスがサポートされました

RTP -

...

RTP Content Analytics shows you the performance of your web content assets from regular web visits and also visits generated from RTP’s content recommendation engine.

  • See which content is performing  best and brings in the most leads
  • Boost your content consumption by enabling content in RTP’s predictive content engine to automatically recommend the best content to the right visitors
  • Drill down on each content asset to see more in-depth metrics, graphs, and performance

RTP’s Assets page is now split into Content Analytics and Content Recommendations.

...

コンテンツ分析レコメンデーション

RTP コンテンツ分析では、通常のウェブページへのアクセスに加えRTPコンテンツレコメンデーションエンジンにより生じたページへのアクセスに対して、ウェブコンテンツアセットの効果を確認することができます。

  • どのコンテンツが最も効果が高く、最も多くのリードを獲得できたかを確認
  • RTPの予測コンテンツレコメンデーションエンジンを活用して適切な訪問者に最適なコンテンツを表示することで、効果的なコンテンツの提供を強化
  • それぞれのコンテンツアセット毎に、より詳細な指標やグラフ、効果を確認することが可能

以前までの RTP アセットページは「コンテンツ分析」と「コンテンツレコメンデーション」に分割されました。

  • コンテンツ分析: 全ての発見および定義されたウェブコンテンツのページビューや獲得リード数が表示されます。最も効果の高かったコンテンツを分析するのに役立ちます
  • コンテンツレコメンデーション: RTP でリコメンドされたコンテンツのインプレッション数やクリック数、関連するリード属性が表示されます。またこのページからバーリッチメディアに対するコンテンツレコメンデーションを編集したり有効化することができます。
  • これら2つのページ内のすべての獲得リード数データは、年の最初(2015年1月1日)までさかのぼって更新されています。

RTP - キャンペーンの複製

Cloning an RTP campaign makes it quicker and more efficient to create more personalized web campaigns. Use the clone feature in RTP’s campaign page to copy the campaign settings and change the content for split testing optimization, or clone a campaign with the same content and target it towards a different segment. Create campaigns in seconds!RTP キャンペーンの複製機能を使うと、より多くのパーソナライズしたウェブキャンペーンをより効率的に素早く作成することができます。RTP のキャンペーンページで複製機能を使って、キャンペーン設定をコピーし最適化テストのためにコンテンツを変更することもできますし、同じコンテンツでキャンペーンを複製して異なるセグメント向けに実施することもできます。

リッチテキストエディターの機能向上

We are making several improvements to the rich text editor. After we released the updated editor in July, we received great feedback and were able to work these changes into this upgrade. There’s much more to come over the next several months. Here’s a list of what’s new in Q4:

...

リッチテキストエディターの機能をよりよくするための変更が入りました。7月に新しいエディターをリリースして以来お客様から素晴らしいフィードバックをいただき、それを元にした機能向上のための変更を今回のアップデートで実施しました。今後数カ月でさらにより多くの改善を行っていく予定です。以下が、今回のリリースでの変更の一覧です。

  • HTML コード内で VML をサポートしました(以下のサンプルコードを参照)
    <v:background xmlns:v="urn:schemas-microsoft-com:vml" fill="t">
    <v:fill type="tile" src="http://i.imgur.com/YJOX1PC.png" color="#7bceeb"/>
    </v:background>
  • Anything can now be inserted in a valid HTML comment (certain syntaxes like seen below were previously stripped):仕様に準拠したHTML コメント内で、どんな内容でも含められるようになりました。以下のような特定の構文は、以前のバージョンでは削除されていましたが、今リリースでは削除されません
    <!--[if gte mso 9]> <![endif]-->

  • Do not pad empty table cells with  &nbsp; だけを含んだ空のテーブルのセルは許容されなくなりました
  • Maximize/minimize button added to the HTML source editor
  • Pre-existing table properties are now identified and displayed in the Table Properties dialog
  • Both rows of buttons are now shown by default.
  • The editor will now accept any element (even deprecated or non-standard elements):HTML ソースエディターに、最大化/最小化ボタンが追加されました
  • 既に指定されているテーブル属性は識別され、テーブル属性ダイアログ内で表示されます
  • 初期状態でボタンが配置される行がすべて表示されるようになりました
  • あらゆる要素(廃止済み要素や標準に準拠していない要素も含む)が許容されるようになりました
    <myCustomElement>Hello World!</myCustomElement>

  • The editor will now accept any attribute (even deprecated or non-standard attributes):あらゆる属性(廃止済み属性や標準に準拠していない属性も含む)が許容されるようになりました
    <myCustomElement myCustomAttribute="foo">Hello World!</myCustomElement>
    <td background="someImage.png">

Microsoft Dynamics - 同期設定の検証

This new admin tool runs a series of checks to see if your sync configurations have been set up correctly. 同期設定が正しく構成されているかを検証するための新しいツールが提供されます。

CRM 同期カスタムオブジェクトの新しいフィールドの追加

Easily add new fields to custom objects synced from Salesforce and Dynamics. You now can add new fields to your custom object sync without disabling and enabling your entire custom object.

セキュリティに関する変更

...

Salesforce や MS Dynamics から同期されたカスタムオブジェクトに新しいフィールドを簡単に追加できるようになりました。カスタムオブジェクト全体を有効/無効にすることなく新しいフィールドを追加できます。

セキュリティに関する変更

  • パスワード再試行の最大回数が 5 回に変更されました。5 回間違えると該当ユーザーはロックされます
  • 非アクティブ時のセッションタイムアウトがサブスクリプション毎に設定可能になりました

IE 11 サポート (IE 9 サポート終了予定)

We now officially support the 今回のリリースより正式に Microsoft Internet Explorer 11 browser and are removing support for the Microsoft をサポートいたします。またそれに伴い、Microsoft Internet Explorer 9 browser.のサポートは2015年末をもって終了いたします。

MSI でのLightning UI のサポート

The latest MSI package on app exchange works with both Lightning and Legacy versions of the Salesforce UI. app exchange 上にある 最新の MSI パッケージは、Salesforce の新しいLightning UI と今までのレガシーUI の両方をサポートいたします。 

新しい Dynamics プラグイン

This new plug-in runs various actions in an asynchronous mode to help increase performance.

デザインスタジオでのランディングページのURL検索

In the Design Studio Landing page grid, you can now search by page URL to find your landing pages. This is also exportable. 新しいプラグインはパフォーマンスの向上のために、様々なアクションを非同期モードで実行します。

デザインスタジオでのランディングページのURL検索

デザインスタジオのランディングページで、ページをURLで検索できるようになりました。