Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata


まず、GoToWebinarでウェビナーを作成する必要があります。GoToWebinarを作成する際には、Marketoで使用される設定もあれば、GoToWebinarでしか使用されない設定もあります。 

Marketoイベントを作成し、それにGoToWebinarを関連付けると、登録および参加情報を共有できるようになります。GoToWebinarの作成については、GoToWebinarのユーザーガイドを参照してください。

Marketoで使用される設定は、次のとおりです。

名前と説明:

  • [Webinar Name(ウェビナー名)] - ウェビナーの名前を入力します。この名前は、Marketoに表示されます。
  • [Description(説明)] - ウェビナーの説明を入力します。説明は、Marketoに表示されます。

日時:

ウェビナーについて以下の情報を入力すると、アダプタを介してMarketoに取得されます。この情報を変更した場合は、[イベント アクション][オンライン セミナ主催サイトから更新]リンクをクリックし、Marketoで変更を反映する必要があります。

[Start date(開始日)] - 開始日を入力します。これがMarketoに表示されます。

[Start time(開始時刻)] - 開始時刻を入力します。これがMarketoに表示されます。

[End Time(終了時刻)] - 終了時刻を入力します。これがMarketoに表示されます。

[Time Zone(タイムゾーン)] - 該当するタイムゾーンを選択します。これは、Marketoに表示されます。

[Type(タイプ)] - [One Session(1セッション)]に設定します。



Note

Marketoは現在、ウェビナーの再演には対応していません。MarketoイベントとGoToWebinarウェビナーの間で、セッションごとに設定する必要があります。

Tip

GoToWebinarで設定する追加フィールドのなかには、統合に影響しないフィールドもあります。このようなフィールドについて、ここでは詳しく説明しないため、詳細が必要な場合にはGoToWebinarのユーザーガイドを参照してください。 

次に、Marketo側の設定を行います。

1. イベントを選択し、[イベント アクション]をクリックして[イベント設定]を選択します。

Note

選択するイベントのチャネルタイプはウェビナーでなければなりません。

2. [イベントパートナー]リストから[GoToWebinar]を選択します。

3. アカウントを選択します。

4. ウェビナーを選択します。

5. [保存]をクリックします。

6. これでイベントがGoToWebinarで同期され、スケジュールされます。

Note

Marketoから同期されるフィールドは[ファースト ネーム]、[ラスト ネーム]、[メールアドレス]です。

Tip

確認メールにこの一意のURLを事前入力するには、メールで{{member.webinar url}}というトークンを使用します。確認メールを送信するとき、このトークンは自動的に、リードの一意の確認URLに解決されます。 

登録する人が、配信停止を希望する場合に確認情報を受け取れるように、確認メールを[オペレーショナル]に設定します。

ウェビナーに登録する人は、[プログラムステータスの変更]フローステップを介してウェビナープロバイダーに公開されます。それをフローステップ1とし、確認メールの送信をフローステップ2とします。


Caution

ネストしたメールプログラムを使用して確認メールを送信することは、避けてください。かわりに、上述したようにイベントプログラムのスマートキャンペーンを使用します。

Tip

データがMarketoに表示されるまでに、最大で48時間かかります。48時間待っても、何も表示されない場合は、イベントの[サマリ]タブにある[イベント アクション]メニューから[オンライン セミナ主催サイトから更新]を選択します。

スケジュールを確認する 

プログラム・スケジュール・ビュー、イベントのカレンダーエントリをクリックします。画面の右側に、スケジュールが表示されます。

Note

イベントのスケジュールを変更する場合は、GoToWebinarでウェビナーを編集する必要があります。


  • No labels