Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata


まず、ReadyTalkカンファレンスセンターでイベントが設定されていることを確認します。疑問点がある場合は、ReadyTalkのリソースセンターを参照してください。

登録タイプを選択する際、[Pre-register before the meeting(ミーティング前に事前登録)]を選択します。Marketoは、リードの登録済みステータスを取得せず、ウェビナーの終了後にリードステータスを[Attended(参加)]に変更するだけです。

[Notify me of new registrations via email(新しい登録をメール経由で通知)]は、チェックしないままにします。

ReadyTalkを使用して確認メールを送信している場合は、説明も追加する必要があります。終わったら、ReadyTalkでイベントを選択します。

Note

オペレーター支援イベントをスケジュールするには、カンファレンスセンターのホーム画面の左側にある[Request Event Services(イベントサービスのリクエスト)]リンクをクリックし、イベントチームのイベントをスケジュールします。

これで、イベントをMarketoにリンクできるようになりました。


1. 新しいイベントのホームで、[イベント アクション][イベント設定]の順に選択します。


Note

選択するイベントのチャネルタイプはウェビナーでなければなりません。


2. [イベントパートナー][ReadyTalk]を選択します。

3. [ログイン]でReadyTalkへのログインを選択します。

4. [イベント]で、リンクしたいイベントを追加し、[保存]をクリックします。

これでイベントが同期されます。

Note

Marketoから同期されるフィールドは[ファースト ネーム]、[ラスト ネーム]、[メールアドレス]です。

Tip

確認メールにこの一意のURLを事前入力するには、メールで{{member.webinar url}}というトークンを使用します。確認メールを送信するとき、このトークンは自動的に、リードの一意の確認URLに解決されます。 

登録する人が、配信停止を希望する場合に確認情報を受け取れるように、確認メールを[オペレーショナル]に設定します。

ウェビナーに登録する人は、[プログラムステータスの変更]フローステップを介してウェビナープロバイダーに公開されます。それをフローステップ1とし、確認メールの送信をフローステップ2とします。

Caution

ネストしたメールプログラムを使用して確認メールを送信することは、避けてください。かわりに、上述したようにイベントプログラムのスマートキャンペーンを使用します。

Tip

データがMarketoに表示されるまでに、最大で48時間かかります。48時間待っても、何も表示されない場合は、イベントの[サマリ]タブにある[イベント アクション]メニューから[オンライン セミナ主催サイトから更新]を選択します。

スケジュールを確認する

プログラム・スケジュール・ビューで、イベントのカレンダーエントリをクリックします。画面の右側に、スケジュールが表示されます。