Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

スマートキャンペーンでスマートリストを定義するとき、フィルターとトリガーに[ウェブパーソナライズ]活動を使用できます。ここでは、ウェブパーソナライズのコールトゥアクション(キャンペーン)をクリックした全員を取得することにします。

トリガーを使用して、メールまたはアラートを送信します。または、クリックしてウェブパーソナライズのコールトゥアクションにエンゲージした訪問者に基づいて、値すなわちスコアを変更します。フィルターを使い、ウェブパーソナライズのコールトゥアクションをクリックしたリードのみを表示することもできます。

1. スマートキャンペーンで、[スマート リスト]タブをクリックします。

Deep Dive

スマートリストには素晴らしい機能があります。 スマートリストに関する考察を参照してください。

2. トリガーを検索し、それをキャンバスまでドラッグ・アンド・ドロップします。

Note

トリガー付きのスマートキャンペーンは、[トリガー]モードで実行されます。実行されるのは、トリガーされるイベントと追加されたフィルターに基づいて、一度に1人に対してのみです。

3. ドロップダウンをクリックして演算子を選択します。

 

Caution

赤い波線は、エラーを意味します。修正しないとキャンペーンは無効になり、実行されません。

 

4. トリガーを定義します。

5. 必要に応じてフィルターを追加します。

Tip

トリガーとフィルターを両方とも指定したスマートキャンペーンでは、トリガーが優先されます。トリガーが起動すると、フィルター基準を満たす人だけがフローを先に進みます。

Note

トリガーが複数ある場合、そのうち「いずれか1つ」が有効になった場合にフローが進みます。

一連の全員に対して同時にキャンペーンを実行する場合は、「スマートキャンペーンのスマートリストを定義する | バッチ」を参照してください。  

  • No labels