Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

2017年夏のリリースには以下の新機能が含まれています。お客様のご契約により、制限やオプションの契約が必要なものがあります。詳細は担当の営業にお問い合わせください。

Facebook オフラインコンバージョン用のステージ追加

収益サイクルモデラー上でマッピングするためのFacebook オフラインコンバージョン用のステージが最大7つまで利用できるようになりました。Facebook  広告の投資対効果を上げるために、オフラインコンバージョン連携を活用して広告費の最適化を行うことができます。

セールスインサイトテンプレートのロック(編集制限)

セールスインサイトで利用するテンプレートの編集を制限することができるようになります。これにより不慮の編集を防ぎ、メッセージやコンテンツの一貫性を保ち、お客様とのコミュニケーションの品質を維持することができます。

ABM 機能拡張

重点顧客とリードの自動マッチング機能における日本企業名への対応

日本の企業情報データベースをデータソースとして活用することで、リードと重点顧客を自動的に紐付ける際に日本企業名の重点顧客への紐付け率が向上しました。

LeanData との連携

LeanData 連携機能を使って、リードと重点顧客のマッチングができるようになりました。CRM とMarketo の両方で同じリードを同じ重点顧客に紐付けることが可能になります。

Web パーソナライゼーション 機能拡張

キャンペーンプレビュー機能拡張

マーケティング担当者は、Web キャンペーンがあらゆるデバイスで問題なく表示されることを、キャンペーンを起動しないでも確認することができるようになりました。この機能により、Web キャンペーンが PC 、モバイル端末、タブレット端末でそれぞれどのように表示されるかを確認することができます。また新しいGoogle Chrome 用プラグインをインストールすることでより正確なプレビュー結果を得ることもできます。

ウィジェットキャンペーン機能拡張

以下のウィジェットキャンペーン用の新しいオプションがリリースされました。

  • キャンペーンの表示タイミング(遅延、スクロール)
  • キャンペーンの表示位置(画面上の任意の位置で指定可能)
  • ウィジェットボタンをテキストに変更可

予測コンテンツ分析とコンテンツレコメンド

エンゲージメントを高めるためにより深い分析と AI を活用したコンテンツレコメンデーションでコンテンツマーケティングの成果を出しましょう。分析機能によりレコメンドされたコンテンツがどれくらい効果を上げているか(人気度、トレンド、オーディエンス単位の表示数)を確認できます。また追加のコンテンツレコメンデーションを含めることもできます。

分析

メールインサイト機能拡張

メールインサイトにデータを共有するための新しい方法が追加されました。メールインサイトでの結果をMicrosoft Excel や Power Point にダウンロードして、Marketo 外部でデータを加工することができるようになります。

ID 連携(フェデレーション)構成への対応

ID 連携時に、Active Directory 等の認証基盤をファイアーウォールの内側に配置したまま、クラウド上の Microsoft Dynamics CRM を利用することができます。

  • No labels