Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

スマートキャンペーンをスムーズに実行し、可能な限りエラーを防ぐために、以下の手順を行いましょう。 

1. スマートリストのエラーを除去する

1.1. スマートキャンペーン内でスマートリストをクリックします。赤い波線が下に表示されている部分はエラー箇所なので、すべて修正します。

Tip

赤い波線の箇所 = 情報が不足しているか、無効な情報が入力されています。

また、シンプルな構成のスマートリストを心がけましょう。何十、あるいは何百ものフィルターが含まれる場合、維持と追跡が困難になります。フィルターが少ないほどロード時間も速まります。

Reminder

スマートリストのメンバーを使用した場合、他のリストにエラーが発生することがあるので、この点も問題がないか確認します。

2. フローのエラーを除去する

2.1. スマートキャンペーン内で[フロー]をクリックします。赤い波線が表示されている部分はエラー箇所なので、すべて修正します。

 

Tip

赤い波線の箇所にマウスオーバーすると、エラーの詳細が表示されます。

3. スケジュールタブをレビューする

3.1. [スケジュール]タブをクリックします。[スマートリスト ステータス]で、修正が必要なエラーが発生していないか確認します。

4. リード制限数をチェックする

4.1. [スケジュール]タブ内で、クオリファイドリードの数がリード制限数を越えていないかをチェックします。

 

Reminder

以上を行ってもスマートキャンペーンがうまく行かない場合、何が原因でどこを修正すればいいのかについては、通知の内容によく目を通して詳細を確認しましょう。

よくできました!  スマートキャンペーンを実行するときは、常にこのチェックリストで内容を点検しましょう。