Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

スマートキャンペーンには、バッチとトリガーの2つのタイプがあります。

バッチスマートキャンペーン

Definition

バッチスマートキャンペーンは、特定の時刻に起動し、特定のリードのセットに対して一度に処理を行います。たとえば、「愛媛県」にいるすべてのリードにメールを送信する場合に使用されます。

バッチスマートキャンペーンでは、スマートリストのセクションで設定するのはフィルターのみです(つまり、トリガーはありません)。

[スケジュール]タブをクリックすると、当該のスマートキャンペーンが実際に[バッチ]と設定されていることがわかります。


バッチスマートキャンペーン

  • 毎日、毎週、毎月のように、反復するスケジュール設定が可能です。あるいは、単発で1回のみ実行するよう設定することも可能です。
  • プログラム・スケジュール・ビューに表示されます。
    *スマートキャンペーン内の「待機」ステップ以降の処理は、このビューにいっさい表示されないことに注意してください。

 


 

トリガースマートキャンペーン

Definition

トリガースマートキャンペーンは、トリガー起動イベントに基づいて、一度に1つのリードに対して処理を行います。たとえば、メール内のリンクがクリックされた場合です。

スマートキャンペーンのスマートリストのセクション内で、少なくとも1つのトリガーが使用されている場合、自動的にトリガーモードに設定されます。


[スケジュール]タブをクリックすると、当該のスマートキャンペーンが実際に[トリガー起動]と設定されていることがわかります。


トリガースマートキャンペーン

  • 反復するスケジュール設定はできません。アクティブまたは非アクティブの設定のみです。
  • トリガーは複数設定できます。ただし、いずれかのトリガーが起動した場合に、当該キャンペーンが実行されます。トリガーとフィルターの動作には重要な違いがあることを理解する必要があります。

Tip

スマートキャンペーンでどのような処理が行われるのかをステップごとに確認するには、アクティビティログを使用します。アクティビティログは、各リードの詳細ページにある一番右側のタブから確認できます。