Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

非表示フィールドは通常、動的に入力され、フォーム記入者には表示されません。その値の設定方法を説明しましょう。

フォームを編集する

1. [マーケティング活動]エリアに移動します。

2. フォームを選択し、[フォームの編集]をクリックします。

3. 非表示フィールドを選択して、[自動入力][編集]をクリックします。

 

デフォルト値を使用する

[デフォルト値の使用]を選択すると、このフォームの送信時に常に使用する特定の値をハードコードできます。

2. [デフォルト値]を入力して、[保存]をクリックします。

 

URLパラメーター

フォーム記入時に、訪問者が表示しているページからURLパラメーター(クエリー文字列)を取得したい場合は、[URL パラメータ]を用いて非表示フィールドに入力します。

Note

パラメーターと聞くと難解に思えるかもしれませんが、一度理解すればとても役に立ちます。このWikipediaの「Query Strings」のページなどが参考になるでしょう。

3. [値の取得先][URL パラメータ]を選択します。

4. [パラメータ名]を入力して、[保存]をクリックします。

 

Tip

URLパラメーターが見つからない場合に備えて[デフォルト値]を入力することも可能です。

Cookie値

Cookieにデータを保存している場合は、[Cookie 値]を用いてフォーム送信時にデータを取得できます。

1. [値の取得先][Cookie 値]を選択します。

2. Cookieの[パラメータ名]を入力して、[保存]をクリックします。

Tip

パラメーターやCookieが見つからない場合に備えて[デフォルト値]を入力することも可能です。

参照元パラメーター

訪問者がフォーム記入前に閲覧していたページのデータを取得したい場合は、[参照元パラメータ]を使用できます。

5. [値の取得先][参照元パラメータ]に設定します。

6. 参照元URLから取得したい[パラメータ名]を入力して、[保存]をクリックします。

Tip

参照元パラメータが見つからない場合に備えて[デフォルト値]を入力することも可能です。

7. [終了]をクリックします。

8. [承認して終了]をクリックします。

 

 

これで完了です! なかなか順調ですね。フォームについてさらに詳しく学びましょう。