Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata
ランディングページはMarketoがホストしていますが、URLは自由にカスタマイズできます。

CNAMEを使わない場合のURL:

http://na-sj02.marketo.com/lp/mktodemoaccount126/UnsubscribePage.html

CNAMEを使用した場合:

 http://go.YourCompany.com/UnsuscribePage.html

CNAMEを選択する

ランディングページのURLの最初の部分に表示される言葉を選びます。1単語で、比較的短いものを選びます。

例:

このような1単語(+YourCompany.com)をCNAMEと呼びます。後で必要になるので、メモしておいてください。


アカウント文字列を検索する

1. [管理]エリアに移動して、[ランディングページ]でクリックします。

Admin Permissions Required

2. [ランディングページ]タブの[設定]セクションからアカウント文字列をコピーします。

 

3. 後で必要になるので、メモしておいてください。

IT部門にリクエストを送信する

IT部門に次のCNAMEのセットアップを依頼します ([CNAME] と [ACCOUNT STRING] は、上の手順でメモした文字列に置き換えてください)

[CNAME].YourCompany.com > [ACCOUNT STRING].mktoweb.com

CNAMEのセットアップを完了する

1. IT部門にCNAMEを作成してもらったら、[管理]に移動して[ランディングページ]をクリックします。

2. [設定]セクションで[編集]をクリックします。

3. [ランディング ページのドメイン名]にCNAMEを、[フォールバックページ]にフォールバックページを、[ホームページ]にホームページを入力して、[保存]をクリックします。 

Note

フォールバックページは、Marketoランディングページが利用できない場合にリードがリダイレクトされるページです。

作業は以上です。ランディングページが企業ドメインでブランド化されました。