Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

ワークスペース

 

Caution

ワークスペースのセットアップは複雑になることがあります。必要に応じて、プロフェッショナルサービス (マルケトのコンサルティングサービス) のご利用をご検討ください。


ワークスペースはMarketoの独立した領域で、プログラムやランディングページ、メールなどのマーケティングアセットが保持されます。ワークスペースは複数のユーザーで使用でき、各ユーザーは1つまたは複数のワークスペースにアクセスできます。

Example

ワークスペースの活用シナリオ:

  • 地域別ヨーロッパ、アジア、北米のマーケティング部門ごとにワークスペースを利用する

  • 事業部門別:Quicken、Quickbooks、TurboTaxそれぞれにワークスペースを利用する

いずれのケースも、分離できるのはマーケティングアセットが完全に異なっているためです。マーケティングアセットを共有しているのであれば、ワークスペースは適切な手段ではないかもしれません。

Deep Dive

 新しいワークスペースを作成する方法を確認してください。

ワークスペース間で共有する

以下の手順を実行すると、ワークスペース間でアセットを共有するできます。同様の方法ですべてのものを共有できます。ここでは、セグメンテーションを共有する方法を説明します。 

1. 新規フォルダを作成します。

2. 共有するフォルダに名前を付けます。

3. 共有したいアセットをファルダに移動します。

4. フォルダを右クリックして[フォルダの共有]を選択します。

5. フォルダを共有したい対象のワークスペースを選択して[保存]をクリックします。[フォルダの共有]ダイアログボックスでは、閲覧する権限のあるワークスペースだけが表示されます。

Note

元のフォルダーは矢印が付いて表示されます。これは、他のワークスペースと共有されていることを示します。共有されているワークスペースの中で、フォルダーは鍵が付いて表示されます。これは、そのフォルダーの内容が他のワークスペースと共有されており、読み取り専用であることを示します。 

以下の項目をワークスペース間で共有できます。

ワークスペース間で複製する

テンプレートを含まないアセットについては、プログラム内のローカルアセットとして複製するのが最適です。適切なレベルのアクセス権を所有しているユーザーは、以下のアセットを別のワークスペースにドラッグドロップできます。

  • プログラム
  • メール
  • ランディングページ
  • フォーム

Note

テンプレートを含むアセットを複製する場合は、それらのテンプレートを対象のワークスペースで共有する必要があります。

他のワークスペースにアセットを移動する

新しいワークスペースにアセットを移動するには、アセットをフォルダに配置してから、そのフォルダを他のワークスペースまでドラッグする必要があります。

Note

メンバーが含まれたプログラムを、1つのワークスペースから別のワークスペースに移動することはできません。

リードパーティション

リードパーティションとは、リードに関する情報を格納した独立したデータベースと考えてください。各パーティションには、ほかのパーティションとの重複あるいは混在がない、独立したリードが格納されています。リードパーティションは、次の構成でワークスペースに割り当てることができます。

  • 1つのワークスペース対1つのリードパーティション1(1:1)
  • 1つのワークスペース複数のリードパーティション(1:x)
  • 複数のワークスペース1つのリードパーティション(x:1)

Example

リードパーティションが適したケース:

  • ワークスペースに複数の異なるアセットがあり、リードも共有していない
  • その他のビジネス上の理由で複製が必要

リードパーティションはそれぞれがまったく独立した存在です。そのため、設定は慎重に行ってください。

Caution

リードパーティションは相互に連携しないため、それらを設定する場合には注意が必要です。

Deep Dive

 リードパーティションを作成する方法を確認してください。