Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

ここでは、利用可能な3 種類のチャネルと、それらを選択する方法、いずれかのチャネルを選択するタイミング、およびそれらのチャネルの違いについて説明します。


Note

この説明は、ウェブアプリケーション でメール送信する場合にのみ該当します。Gmail や Outlook で Sales Engage を使用する場合、メールはそれらのメールサーバーを通じて配信されます。

ToutApp メールサーバー(デフォルト)

デフォルトでは、この方法がメール配信に選択されます。ToutApp メールサーバーは Gmail Outlook を使用しないユーザーにとって優れたオプションです。また、ToutApp は弊社のメールサーバーであるため、バウンスまたは配信失敗に関するエラーメッセージを取得して、[会話]タブの[配信失敗]セクションに表示させることができます。

サーバーを使用するもう一つのメリットは、 メール ID を使用する際に受信者が作成された ID のメールアドレスを参照できることです。

ToutApp サーバーを使用すると、受信者は「via toutapp.com」タグを参照できます。これはメールクライアントで確認でき、メールが Sales Engage を使って送信されたことを受信者に知らせてくれます。

詳細については、Gmail ヘルプ記事 を参照してください。

Note

弊社のToutApp サーバーは、一般的に利用可能な DMARC レコード を設定していないため、自社のサーバーにホワイトリスト登録することはできません。

Gmail サーバー

メールプロバイダーが Gmail の場合、既存のアカウントを利用して ToutApp から届いたメールを送信できます。これは、「via toutapp.com」という情報の表示を避け、自社のドメインや配信率の評判に頼りたい場合に有効なオプションです。Gmail サーバーを使用するもう一つのメリットは ToutApp.com から送信されたすべてのメールが自動的に Gmail の送信済みフォルダに追加されるという点です。

アカウントの連携ついては、ToutApp から届いたメールを配信する単一の Gmail アカウント(1 つのメールアドレス)のみと連携できます。つまり、複数のメール ID を使用している場合は、連携しているアカウントのメールアドレスのみが送信元として、詳細を参照した際に表示されます。


ウェブアプリケーションでは、メールアドレスは作成されたものが表示されますが、Gmail サーバー経由の送信では連携されたアカウントのメールアドレスが送信元として表示されます。


Note

Sales Engage は Gmail サーバー を直接管理していないため、ウェブアプリケーションではバウンスメールのイベントは記録されません。

カスタム SMTP サーバー

自社独自のサーバーを検討していますか。あるいは Microsoft Exchange サーバーの環境を使用したいですか。その場合にはこのオプションが良いでしょう。設定については、こちらの手順 を参照ください。Gmail サーバーの場合と同様に、Sales Engage は貴社のサーバーを直接管理しないため、ウェブアプリケーションではバウンスメールのイベントは記録されません。

  • No labels