Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Note

自社で Outlook を使用しているユーザーが、Sales Engage を使用してメール配信チャネルを設定したい場合、メール連携機能を活用して Sales Engage と Exchange サーバーを連携することをお勧めします。

SMTP サーバーを代替の配信チャネルとして設定するには、ToutApp ではセキュリティ上の理由で何らかの形態の認証が必要になります。SMTP 設定ページ  SMTP サーバーを設定できます。Office365 SMTP サーバーを設定にあたって、Microsoft では以下のように設定するよう推奨しています。


SMTP サーバー: smtp.office365.com
サーバーポート: Port 587 - 保護
認証方法: ログイン (SSL/TLS)
ユーザ名またはログイン: Office365 のメールアドレス
パスワード: your Office365 のパスワード
あなたのドメイン: 企業のドメイン

SMTP サーバーの設定の問題が解決しない場合は、Exchange サーバー管理者と協力して、正しい認証情報が使用されているかを確認しましょう。

Note

Office365 SMTP サーバーを経由して配信する場合、Microsoft では 1 分あたりの送信メッセージ数の上限は 30、1 日あたりの受信者数の上限は 10,000 に設定されています。また、Office365 SMTP サーバーからメール配信を希望するチームの各メンバーは、Sales Engage の設定で自身のメールアドレスとパスワードを使用して、この要件を設定する必要があります。Microsoft の Office365 アカウントポリシーにより、[この配信チャネルをチームメンバー全員に利用可能にする]にチェックを入れても、上限の設定は実行されません。

  • No labels