Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

スマートキャンペーンの効果を確認してみましょう。

1. レポートを作成し、レポートタイプとして[キャンペーン アクティビティ]を選択します。
2. レポートのタイムフレームを設定し、[レポート]タブをクリックします。
3. これで、レポートを調べ、キャンペーンのタイプ別にグループ化されたものの中から、最も効果的なキャンペーンを特定します。


 

Tip

ほとんどのリードを処理したキャンペーンを検索するには、たとえば[処理済のリード総数]を基準にしてレポートをソートし、[降順]を選択します。

スマートキャンペーンの名前をクリックして、開きます。

[キャンペーン アクティビティ]レポートで選択できる列は、以下のとおりです。

説明
[バッチ実行カウント]キャンペーンが実行された回数。
[処理済のリード総数]キャンペーンのフローを通過したリードの数。
[待機中のリード]キャンペーンがまだ実行中の場合、リードの数は[待機]中のままです。
[フローから削除済み]キャンペーンから削除されたリードの数。
[最後のアクティビティ]リードがキャンペーンによって処理された最後の時刻。

レポートのキャンペーンタイプは、以下のとおりです。

タイプ説明
[バッチ][マーケティング活動]タブにあるバッチキャンペーン。
[実行アクション][リードデータベース]から実行されたリードアクション。
[トリガー起動 (アクティブ)][マーケティング活動]タブにあり現在トリガーされているキャンペーン。
[トリガー起動 (非アクティブ)][マーケティング活動]タブにあり非アクティブなキャンペーン。

 

詳細は「基本レポート参照してください。