Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

メール効果の統計を、スマートキャンペーン別にグループ化して表示するには、[キャンペーン メール効果]レポートを実行します。 

1. レポートを作成し、レポートタイプとして[キャンペーン メール効果]を選択します。
2. レポートのタイムフレームを設定し、[レポート]タブをクリックします。
3. これだけです。レポートを調べ、キャンペーンの各メールの効果がどうだったか確認しましょう。

 

Tip

メールの名前をクリックすると、メールプレビューアで開きます。

[キャンペーン メール効果]レポートで選択できる列は、以下のとおりです。

説明
[ハード バウンス]メールアドレスが存在しないなど、恒久的な状態が原因でメールは拒否されました。
[ソフト バウンス]サーバーが停止している、または受信箱がいっぱいなど、一時的な状態が原因でメールは拒否されました。
[保留中]メールがまだ配信の途中です。
[クリック済みリンク]メールに記載されたリンクをクリックしたメール受信者の数。
[配信停止完了]メールに記載された[配信停止]リンクをクリックしてフォームに入力したメール受信者の数。

 

 

Note

一般的に、これらの統計を記録するときには常識を働かせます。たとえば、誰かがメールのリンクをクリックした場合、その前にメールを開いたことは明らかです。タグの設定については、「メールの効果レポート」を参照してください。

Deep Dive

基本レポートについての詳細を参照してください。