万一の場合には、[受信者タイムゾーン]が有効化された状態ですでに起動しているメールプログラムの配信を中止することができます。

[受信者タイムゾーン]を使用してスケジュールされたメールプログラムは最大で 24 時間動作するため、プログラムの配信を中止すると、それ以降の後続のメール送信はすべてキャンセルされます。

キャンセルしたいメールプログラムを選択したら、コントロールパネル上の[承認]タイルで[配信中止]をクリックします。

[中止]をクリックして、配信のキャンセルを確認します。

配信がキャンセルされると、メールプログラムの[実行結果]グリッドは以下のように表示されます。後続のメール送信はすべてキャンセルされて、[アクティビティタイプ]列で[ソフトバウンスメール]と表示されます。

キャンされたメールは、個々のタイムゾーンでの元の配信予定時間になるまで、「ソフトバウンス」として表示されませんその時間までは「送信済みメール」として表示されます。

グリッドからメールをクリックすると、アクティビティの詳細を確認できます。キャンセルされたメール送信については、詳細のポップアップが以下のように表示されます。