リストまたはスマートリストを選択して[リード]タブをクリックし、結果が表示されたらExcelのアイコンをクリックします。[Marketo 固有コード][Marketo 固有名]列が表示されていることを確認してください。 

[パーソナライズ URL を含める]のチェックボックスを選択し、パーソナライズURLを生成したいランディングページを検索して選択します。

URLを選択します。

 

同じランディングページに複数のURLがある場合は、これまでにページのURLを変更しており、リダイレクトを作成していた可能性があります。

 

[スタイル]を選択し、[エクスポート]をクリックします。

エクスポートが完了したら、[ダウンロード]リンクをクリックしてファイルを保存します。

これで終わりです。リードとパーソナライズURLのリストが生成されました。

 

2つのリードで姓名が同じ場合は、URLが重複しないように自動的に番号が追加されます。
リードの姓名がアルファベット以外の場合は、固有コードのみご利用可能です。