ユーザーのロールを設定、作成、編集して、ユーザーに割り当てましょう。これにより、それぞれのMarketoユーザーがアクセスできるエリアと機能を制御できます。

たとえばマーケティング部門のユーザーには通常、メールやランディングページやプログラムの作成、修正、展開など、アプリケーション全体を通じて広いアクセス権限が必要です。一方ウェブデザイナーの場合は、デザインスタジオでメールやランディングページ用のアセットを作成する作業がほとんどです。また、企業のリーダー陣は、アナリティクスエリアのMarketoレポートを頻繁に利用しますが、アセットやプログラムを自ら作成・運用することは少ないでしょう。

 
Marketoには、アクセスレベルの異なるいくつかのロールがあらかじめ用意されています。
管理者と標準ユーザーのロールは編集不可ですが、それ以外は編集が可能です。また、貴社の組織構造に合わせて新規のカスタムロールを作成することも可能です。

ユーザーにロールを割り当てる

既存のユーザーを編集するには、[管理]エリアに移動して[ユーザ&ロール]をクリックします。

編集したいユーザーをリストから選択して、[ユーザの編集]をクリックします。

[ロール]から、ユーザーが必要とする権限に応じて割り当てたいロールを選択し、[保存]をクリックします。

 

各ロールについての詳細は「ロール権限の詳細」を参照してください。

新規ロールを作成する

ときには非常に特殊な役割の従業員向けに、権限を組み合わせてカスタムする必要も出てくるでしょう。
新規のユーザーロールを作成するには、[管理]エリアに移動して[ユーザ&ロール]をクリックします。

[ロール]タブをクリックします。

[新規ロール]をクリックします。

[ロール名][詳細](任意)を入力して、このロールのユーザーに必要な権限を選択します。

ロールを編集する

ロールに関連付けられた権限を変更したい場合は、ロールを編集できます。
[管理]エリアに移動して、[ユーザ&ロール]をクリックします。

[ロール]タブをクリックします。

修正したいロールをリストから選択して、[ロールの編集]をクリックします。
必要であれば[ロール名][詳細]を変更し、関連付けられた[権限]を変更します。

 

編集されたロールを有するユーザーには、一度ログアウトして再度ログインした時点で修正後の権限が反映されます。

ロールを削除する

ロールが不要になったら削除することが可能です。
[管理]エリアに移動して、[ユーザ&ロール]をクリックします。

[ロール]タブをクリックします。

削除したいロールをリストから選択して、[ロールの削除]をクリックします。

本当にそのロールを削除していいかどうかを確認されるので、[削除]をクリックします。

追加ユーザーの作成とロールの割り当てについての詳細は「はじめてみよう」を参照してください。

その他の管理タスクについては「管理」で詳しく学びましょう。